児童デイサービスまはろ

お問い合わせ

受付時間 平日9:00〜18:00

048-430-0090

まはろとは

about us

まはろがめざしているもの

家族にとって安心して頂ける事のできる放課後の「家」
ひとりひとりの児童が将来、社会参加し自立した生活を送る事ができる能力を育てたい。

イメージ

近年、増加傾向にある上記のような発達に障がいのある児童たち。これらの問題には児童本人、保護者も、どのように解決していけば良いのか悩んでいる方も多いと思います。

「児童デイサービスまはろ」では、個々に応じた目標を提案。

療育を通して社会生活に必要なルール・マナーを理解していけるようチャンスを育みます。
得意な事を伸ばし、苦手な事はゆっくり向き合う。その成長に寄り添いながら育みます。
自ら、やってみたいと思える環境作りを大切にしています。

まはろの特徴

将来の生活の自立を目指しています

家族が不安に思う事の1つとして将来の我が子。
18歳以降1つでも多く自立した生活が送れるように個々の性格や個性に合わせて成長を確認しながら療育課題を共にクリアしていきます。

社会生活においてのスキルの向上

生涯1人で生きていける訳ではありません。
大人になるにつれて、様々な集団の中で生活していかなくてはなりません。そこには当然ルールが有り、それらを守り
生活していく必要が有ります。それらのスキルも
集団活動の中で個々に合わせて理解しやすいように
アプローチしていきます。

家庭環境などのニーズにお応えする

家庭は1つ1つ環境が違います。
また、児童の発達に合わせて出来る事の判断をして送迎、療育活動などに対応しております。
質問、相談等も遠慮なくしてください。

家族・学校・地域社会との連携

近年、身体的・精神的・性的虐待も増えてきております。
発見されないままやり過ごしているケースも多々あると
思われます。児童に携わる機関等がしっかり連携して
施設内であっても透明化する事が大事だと思います。
家族との面談・目標・経過等を通じて皆で児童の
成長を見守れる環境作りを目指します。

児童デイサービスまはろ運営方針

1.ダメと言わない教育

「ダメ」という言葉で強い否定をしない。
否定ではなく、今、何をするのかを促す事が大事だと考えています。
否定⇒拒絶反応という図式を作らないためにも
具体的にやるべきことを伝えます。

2.自立を絶対にあきらめない

障がい以前に、その子が生まれもった個性。命の伸びる力を引き出す。
大人が成長を諦めたら児童は成長しない。絶対に諦めない。決めつけない。

3.ひとりの人としての関係を持つ

「まはろ」では障がいを持った児童は、あくまでもひとりの人として接しています。
共に過ごす時間を共有しながら、ルールやマナーを学んでもらう事が重要です。